非日常の日常

ささやかな街歩きの楽しみとしてこっちに来てからポケモンgoを始めた。気が向いたらジムも攻略しているのだが周りにプレイヤーがいないのか、始めて5日ほどで住居周辺のジムが全部自分の手中に収まった。崩されたジムに再度自分のポケモンを置くのが最近の日課になりつつある。

 居住地の周辺を歩いていると、日本で購入した某ガイドブックでは「ここは庶民的な安宿が多くておすすめ!」とか「街角で○○を購入!」とか色々書いてあるのだが、現地の方に話を伺うと「あそこの地区は安いけどヒトもイヌも気性が荒いから近づかない方がいい」とか、全く正反対な話を聞くこともあるので本当に物は言いようだな、としみじみ思う。

 

 

入国当初は体調不良の連続で、外出する気分には到底なれなかったが、徹底的に生野菜を食べないことで腹痛を克服した。今なら少しはサラダも食べられる。

幸か不幸か、日本でもあまり米を食べない生活だった。そのため、毎日パンと紅茶とケバブと時々のスニッカーズで過ごしているが特に不満はない。

 

 

また、現地の生活は、未だにトルコ語をほとんど理解していないものの、「1~20」までの数字と「これください」の二つの言葉を駆使することでなんとなく過ごしている。なぜ20までの数字かというと、そこまでの数字の会計は現金決済のみしか対応してない場合があるが、それ以上の数字になるとほとんどの場合においてクレジットカードが使えるのでわざわざ自分で数字を理解する必要がないからである。無論、本当にその会計があっているか注意する必要はあるが、未習得の言語の地を旅行する人はひとつの参考にしてほしい。

これはちょっと辛い話になるのだが、ある日、小さな商店で買い物をしているとトルコ語でまくしたてられることがあった。何度も聞き返すと「Name!Name!」と連呼してくる。困惑しながら「I’m……」と言いかけたら、「oh、“AIM”!!!」と、名前をAIMだと誤解され、そのあと誤解を解くのに大変な時間を要したハプニングもあった。今後、日常生活で英語を使うことは控えたい。わからないなら答えない方がいい場面があるということがわかった。

そんなわけで、生活は困らないが言語面の不安と元々のインドア気質であまり遠出はしたくないな、というのが最近の思うところだ。

 

 

話は変わり、日本食の話に移る。

このところ、日本の同志たちから寿司や刺身やラーメンや牛丼といった画像が大量に送られてくるのでなんとかこっちでも日本食を食べられないかなぁと四苦八苦している。「寿司・チャイニーズ・タイレストラン」というものを見つけたのだが既にちょっと不安になる感じだ。でも、海外の日本食が一体どんなものなのか偵察も兼ねていずれ足を運んでみようと思う。

また、最近新たな知見として、現地の人があまり行かない高めのスーパーに行くとスモークサーモンやキッコーマンの醤油が売られていることが判明した。従って、まぁ寿司欲をギリギリ抑え込めるくらいのそれっぽい食べ物は作れるかなという感じがある。今後が楽しみだ。