めっちゃ寝た

今日は空が青くていい感じだった。過ごしやすい天気と今までの疲労が重なり、気づいたら12時間弱寝ていた。予定を気にせず睡眠時間を確保できるのは学生の特権なので活用していこうと思う。

 

研究室

実地試験の多い研究室なので、本日は半数近くの学生がサンプリングにより欠席していた。実際、私が長い睡眠を終え研究室に顔を出しに行ったときには、ナイジェリアの留学生が一人いるだけだった。

いつも「How are you?」と聞くのも芸がないので、最近は、週の初めに会ったときは「How was your last weekend?」と聞くようにしている。

「最高に楽しかったよ。実験が上手くいかなくて何度も測定する羽目になったからめちゃくちゃ研究のスキルが上がったぜ(意訳)」そう遠くを見ながら話す彼の顔は、天気に反して曇っていた。

いわゆるナイジェリアンジョークというやつなのだろうか。

軽はずみに聞いてしまった手前、私も何か感想を言わないといけないのだが、特にいいアイデアが浮かばなかったので「oh......」とだけ返しておいた。

我ながら薄情なやつである。

 

TA

昨日、同期に代わってTA業務に緊急出動したので今日は内容の引継ぎを兼ねて彼と賃金の交渉をしてきた。交渉の結果、自分が想定してたよりも多めに報酬を頂けることになってちょっと嬉しい。

業務の内容としては新入生のサポートなのだが、今回はサポートしなければいけない内容が明らかに学部3年4年レベルのそれなので修士課程の学生としてもなかなか厳しいものがある。もちろん教える側の僕らも大変なのだが、教員の指導を受けて学部1年レベルとはとうてい思えない作業をやらされる新入生はもっと大変だろうと思う。

彼らの作業内容に点をつけるなら120点なのに、現行のルールだと授業の評価は最高100点までしかつけられないのがもどかしい。